2022-03

海外ドラマ

Disney+ The Walking Dead / ウォーキングデッド シーズン11 第14話

このエピソードのタイトルが示すように、コモンウェルス内部では様々な腐敗が進行しています。一般論として、黙示録的な番組でユートピア社会を見るときはいつも、それが本当であるには良すぎることが多いのですが、ここでそれが当てはまる方法を数えてみましょう。
海外サッカー

移籍の噂 ハーランド、フィリップス、ルカク、コウチーニョ、チュアメニ、バレラ、ディバラ、クーマン

レアル・マドリードは21歳のアーリング・ブラウト・ハーランドをボルシア・ドルトムントにもう1シーズン滞在させてから獲得を試みる可能性がある。元レアル・マドリードMFのグティは、今夏にハーランドを獲得できなかった場合、クラブはハーランドと契約することができなくなると語っている。
海外サッカー

移籍の噂 ポグバ、リュディガー、ジェズス、アスピリクエタ、ネイマール、メッシ、ヌニェス

ニューカッスル・ユナイテッドは、パリ・サンジェルマンと2025年まで契約を結んでいる30歳のブラジル人フォワード、ネイマールの獲得に興味を示している。メッシはPSGを去るつもりはなく、フランスのクラブと交わした2年契約を見届ける予定だそうだ。
海外サッカー

移籍の噂 ハーランド、シルバ、トゥヘル、ティレマンス、メッシ、チュアメニ

マンチェスター・シティとポルトガル代表MFベルナルド・シルバ(27)が、2年後に母国とベンフィカに戻ることを切望しているという。マンチェスター・シティは、スペイン代表MFロドリに契約延長をオファーする見込みで、25歳の彼の現在の契約は2025年までとなっている。
海外サッカー

移籍の噂 ラッシュフォード、ロナウド、ライス、ティレマンス、ハザード、ヌニェス、ネヴェス

バルセロナがマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(24)の獲得に興味を示しているようだ。ラッシュフォードは2019年に2023年6月までの週給20万ポンドのユナイテッド契約に合意したが、今シーズンは調子が上がらず苦戦している。
海外サッカー

マンチェスター・シティは、ハーランドを週給50万ポンドを超えるイングランドで最も高額な選手とする用意があるという。リヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、今夏にアンフィールドを去ることを切望しておらず、代わりに契約が終了する来年に無料で旅立つ可能性がある。

マンチェスター・シティは、ハーランドを週給50万ポンドを超えるイングランドで最も高額な選手とする用意があるという。リヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(29)は、今夏にアンフィールドを去ることを切望しておらず、代わりに契約が終了する来年に無料で旅立つ可能性がある。
海外サッカー

リオネル・メッシの父親で代理人のホルヘは、昨夏パリ・サンジェルマンに移籍した34歳のアルゼンチン人フォワードが復帰できるかどうかを話し合うため、バルセロナに電話をかけたという。

リオネル・メッシの父親で代理人のホルヘは、昨夏パリ・サンジェルマンに移籍した34歳のアルゼンチン人フォワードが復帰できるかどうかを話し合うため、バルセロナに電話をかけたという。バルセロナのシャビ監督は、リバプールのエジプト代表ストライカー、モハメド・サラーがチームに加えるであろう多用途性に注目している。
海外ドラマ

Disney+ The Walking Dead / ウォーキングデッド シーズン11 第13話

ウォーキング・デッドでは、大好きなゾンビ・アポカリプスの生存者たちが、まったく新しいグループに遭遇するのがいつも楽しい。今週のエピソードでは、マギーとヒルトップの人々は、見知らぬ人の訪問を受け、リバーベンドというコミュニティーに導かれる。しかし、彼らは敵なのか味方なのか?
海外サッカー

ジネディーヌ・ジダンはマウリシオ・ポチェッティーノの後任としてPSGの監督に就任すると言われており、30歳のブラジル代表MFカゼミロなど、元レアル・マドリーからの獲得も視野に入れているようだ。

ジネディーヌ・ジダンはマウリシオ・ポチェッティーノの後任としてPSGの監督に就任すると言われており、30歳のブラジル代表MFカゼミロなど、元レアル・マドリーからの獲得も視野に入れているようだ。またキリアン・ムバッペ(23)が、今夏のパリ・サンジェルマンからの注目の退団をリードすることになりそうだ。
海外サッカー

チェルシーのベルギー代表ストライカー、ロメル・ルカク(28)は、インテル・ミラノへのレンタル復帰を容易にするため、減給を覚悟しているようだ。

チェルシーのベルギー代表ストライカー、ロメル・ルカク(28)は、インテル・ミラノへのレンタル復帰を容易にするため、減給を覚悟しているようだ。ルカクは、ロマン・アブラモビッチへの制裁をめぐるチェルシーの不透明感を利用しようとしているとの指摘に怒り、クラブを去るつもりはないと言っている。
タイトルとURLをコピーしました